新着情報 | 終活相談窓口の「百寿コンシェルジュ」では、認知症、がん、感染症等の問題からエンディングノートや葬儀・相続まで全てサポートしてます。

一般社団法人百寿コンシェルジュ協会 百寿研
  • シニアお役立ち情報
  • 無料小冊子請求
  • お問合せフォーム
  • 百寿コンシェルジュ協会

新着情報


■該当件数49件中<11 ~ 20を表示> <前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 次へ>

20200415




20200410

百寿グループの英知を結集した日本初の認知症予防プログラム『恋愛遊戯で生涯青春!』のご案内です。
シニアの生涯主役人生を応援する百寿グループ(横浜市港北区3-21-2-7F)では、本年5月より、長生き時代最大のリスクである認知症予防を目的とする『生涯青春アカデミー 〜恋愛遊戯で生涯青春!〜』を開講します。



同グループが毎年年初に行う『初詣客100人に聞きました!何を願懸けしましたか?』では、過去5年連続で「認知症になりたくない」がトップとなっていますが、認知症への危機意識が高い一方で、その予防策については確固たる定説がなく、結果的に成り行き任せになっているのが実情です。

しかし、西洋医学では確立されていない認知症予防ですが、全国の介護施設では、認知症の周辺行動の緩和事例が多数報告されています。百寿グループでは、3年をかけて100ケースの分析を重ね、脳全体に円滑に刺激を与え、脳年齢を維持する効果大と思われる予防エクササイズを、『生涯青春アカデミー 〜恋愛遊戯で生涯青春!〜』として全10講座(20時間)に体系化しました。

その内容は、シニアを退屈させないように配慮しながら、カラダとココロとアタマにドキドキワクワク感を喚起できるエクササイズとコミュニケーションゲームで構成されています。
★脳機能低下の原理を知る ★反射神経を刺激する ★簡易内観でこころのタガを外す ★アファメーションで自己肯定感を喚起する ★前向きな言葉で脳を刺激する ★愛する人に想いを綴ることでこころを温める ★詩歌を暗誦できるようにする ★ドキドキワクワク感で血流をよくする ★愛の場面を演じて幸せ気分に浸る ★家族やメンバーを相互に称えあう

百寿グループでは、今春より、『生涯青春アカデミー 〜恋愛遊戯で生涯青春!〜』を全国の老人クラブや地域コミュニティへお届けしていく等、一年を通じ、笑いと涙、感動と歓喜で脳を活性化する同講座の情報発信を積極的に展開してまいります。

20200407


百寿倶楽部会員のみなさま、いかがお過ごしでしょうか?不安の日々にじっと耐えていらっしゃる方もいるかもしれません。つらいとかさみしいとか、落ち込んだ時は是非コマホに電話してください。目には見えなくても、私たちはつながっています。けっしてひとりではありませんよ。それだけは忘れないでくださいね。愚痴でも雑談でも構いません。とにかくみなさんの声を聴かせてください。そして、感染対策に努めながら、肩の力を抜いて、少し楽観的に明るい未来を描いてみてください。やまない雨はありません。再会の時に想いを馳せながら、俯かずに過ごしましょう。私もみなさんとお目にかかれる時を心待ちにしています…。

20200406

団塊の世代が後期高齢者となる2025年を目前に控え、医療経営と地域貢献の両立を支援する百寿グループでは、医療業界の今後を占う霞ヶ関の水面下情報を収集し、いち早くお届けしています。 今回は、地域医療経営の浮沈を握る「トリプルインパクト2024」の詳細情報入手に成功しました。

新型コロナ対策の裏で、医療経営者が震撼する驚愕の『トリプルインパクト2024』とは 団塊の世代が75歳以上、かつ65歳以上が全人口の30%となることが予想される「2025年問題」 に対し、政府によって『トリプルインパクト2024』なる医療再編シナリオの取り纏めが進んでいます。東日本大震災で先送りされたドラスティックな改革がそこまで迫っています。結論めいたことを言えば、この先、“病医院からの患者剥がし”に対応できない医療法人は今後淘汰されていきます!

今、医療法人に求められるものは「患者離れ抑制」と「診察効率向上」の両立 医療業界への逆風がすぐそこに見えている中で、患者満足度の向上が急務です。一方、慢性的 な人材不足による診察効率の向上が喫緊の課題とされる医療法人では、一見相反するこの二つ の課題を同時に解消する必要があります。逆に、これに対処できない場合には悲惨な結末が待っています。



◼ 百寿グループからのご案内
• 先着100施設様限定で、どこよりも早い『霞ヶ関発!トリ プルインパクト2024』の詳細を無償でご提供いたします。
• 診療効率を上げながら地域での評判を高めるソリューション 「お困りごとホットライン」をご案内させていただきます。

詳細をご希望の方は、今すぐ百寿グループまでご連絡ください。 info@100jk.jp にタイトル「pls」として空メールいただければ詳細情報をお送り致します。 リクエストが殺到する可能性が高いため、電話・ファクスでのコンタクトはご容赦願います。

2020/01/03

全国のシニアのみなさま

明けましておめでとうございます。
本年もご愛顧をよろしくお願い致します。

さあ。新年の幕開けです。
シニアの円滑な老後をサポートする百寿グループ(横浜市港北区新横浜3-21-2)では、新元号・令和初の年越しキャンペーンとして、2020年1月いっぱい、百寿倶楽部への入会金を無料とさせていただくことを決定しました。

百寿グループが運営するシニアコミュニティ『百寿倶楽部』は、入会金1万円、年会費1万円もしくは3万円(いずれも税別)で、年中無休の電話相談サービス『お困りごとホットライン』および終活応援講座『生涯青春アカデミー』等のサービスを提供するものです。



これまで14年間で7千件超の電話相談に対応する中で、老後の想定課題および問題解決手順が体系化されたこと。認知症対策&終活支援のプロフェッショナル『百寿コンシェルジュ』が育ってきたこと。これらを背景に、今月末までに、百寿倶楽部に入会いただいた方全員、入会金を無料とさせていただきます。加えて、終活診断プログラム『終活の達人度テスト』の特典も付加されます。

今日の日本には、アクティブシニアがいつでも何でも気軽に相談できる窓口がありません。問題を先送りして大事に至ってしまったり、離れて暮らす子どもの携帯電話を頻繁に鳴らして親子関係がこじれてしまったり…。そんなケースが急増しています。

百寿倶楽部にご入会いただき、万一の場合のバックボーンを持つことによる安心老後と、仲間とともに学び遊ぶことによる快適老後を体感していただければ幸いです。

百寿倶楽部についてのお問合せ・入会申込みは百寿倶楽部 事務局まで
電話:045−548−3195 または 045−228−5327

2019/12/01

令和元年の締めくくり。生涯青春アカデミーの最終講座が、12月11日(水)12:15〜13:45 @ かながわ県民センター にて開催されます。また、講座終了後には、懇親会としてクリスマスパーティー。さらには、二次会として大納会を開催します。新しい元号のスタートと、2020年の幸いを祈念して、12.11は昼間からパーリナイしようじゃありませんか!横浜近辺のシニアのみなさま、是非とも遊びにいらしてくださいネ。お待ちしてまぁ〜すっ!

20191201

新人百寿コンシェルジュのデビューイベントとなっています。みなさま、是非とも応援にいらしてくださいネ!

演者:鈴木和紀 *半年間の準備を経て、百寿コンシェルジュとしていよいよデビューします
ひとこと:町田に住んで約8年。高齢者福祉施設(特養・デイ サービス)に2年間勤務。高齢者やそのご家族が抱える悩みを解決したいとの思いで、この度、町田地区にてデビュー致します。活動の一環として、まず毎月学習会を開催します。初回は、誰もがなるかもしれない「認知症」について、その予防策と併せてみなさまと一緒に考えてみたいと思います。

日時:12月1日(日)13:30〜16:00
会場:かながわ県民センター 302教室
対象:老い先への不安を感じている方
定員:先着30名
費用:無料

なお、当日は、ゲストスピーカーとして、東京雑学大学理事長の窪宏太郎先生をお招きしております。ユーモアとウィットに富んだスペシャル講演『笑う門には福来たる』をお届けします。講座終了後には、窪先生を囲んでの懇親会(会費制)も予定しております。

さらに、先着30名様限定で、どこよりも早いクリスマスプレゼントをご用意しました。
みなさま、ふるってご参加ください。

気づけば今年ももう12月。師走だけに……、どうぞよろしくお願いシワス!

20191111

シニアの円滑な老後をサポートする百寿グループ(神奈川県横浜市港北区新横浜 3-21-2)では、シニアのバラ色の人生を応援すべく、ワンランク上の淑女紳士のためのシニアコミュニティ『百寿倶楽部』を運営しています。



『百寿倶楽部』の主なサービスは、@24 時間 365 日対応のホットライン A終活戦略講座『生涯青春アカデミー』 B長生き時代の3大リスク診断。 『百寿倶楽部』の入会金は11,000 円、年会費は110,000 円(いずれも税込み)です。



当件のお問合せは、045−548−3195 百寿倶楽部 事務局まで

20191023

百寿グループでは、長生き時代最大のリスクである認知症対策として、四捨五入百世代(50歳以上)に差しかかったらエンディングまでのデザインに取りかかることを推奨しています。そして、遅くとも75歳になるまでに子どもたちへのバトンタッチを済ませておくことが親世代最後の大仕事であり、万一の場合でも自らが望んだ人生をまっとうできる唯一の方法であると、終活戦略講座を通じて提唱しています。
年内は以下の通り、全3回(受講料無料)を予定しています。同講座では、「20の質問に答えるだけでわかる終活の達人度診断」・「(同じく)認知症リスク診断」・「(同じく)がんリスク診断」を通じ現状課題を明らかにするとともに、「今日からデキる7つの認知症予防エクササイズ」・「真の終活7つのステップ」等について、面白く楽しくわかりやすく解説します。なお、受講者全員に、終活読本『終活はなぜうまくいかないのか』(定価1,500円)をお土産として無料プレゼントします。

20190903

百寿グループが運営する百寿倶楽部では、新元号・令和初の老人週間(9月15日〜)にあわせて、24時間365日対応の電話相談サービス『お困りごとホットライン』を全国のシニアに一年間無料で提供することを決定しました。

同サービスは、2007年より、百寿グループが運営するシニアコミュニティ『百寿倶楽部』の会員に対し、入会金1万円、年会費1万円(いずれも税別)で提供してきたものです。これまで13年間で7千件超の電話相談に対応する中で、老後の想定課題および問題解決手順が体系化されたこと。認知症対策&終活支援のプロフェッショナル『百寿コンシェルジュ』が育ってきたこと。これらを背景に、本年9月15日より一年間限定で、百寿倶楽部に入会登録いただいた方全員に、お困りごとホットラインを入会金&年会費無料で提供させていただきます。

加えて、百寿倶楽部の終活講座『生涯青春アカデミー』の受講も無料とさせていただきます。さらに、終活診断プログラム『就活の達人度テスト』の特典も付加されます。

今日の日本には、アクティブシニアがいつでも何でも気軽に相談できる窓口がありません。問題を先送りして大事に至ってしまったり、離れて暮らす子どもの携帯電話を頻繁に鳴らして親子関係がこじれてしまったり…。そんなケースが急増しています。百寿倶楽部の『お困りごとホットライン』を無料でお試しいただき、万一の場合のバックボーンを持つことによる安心老後と、仲間とともに学び遊ぶことによる快適老後を体感していただければ幸いです。

まずは一年間、百寿倶楽部の輪に加わってみてはいかがでしょうか?

当件のお問合せ・百寿倶楽部への入会申込みは百寿倶楽部 事務局まで

メールなら、info@100jk.jp まで。電話なら、045‐548‐3195 または 045-228-5327 まで。

トップページに戻る

PageTop