終活相談は誰にすれば良いの?|終活相談の窓口ならお任せ下さい。

一般社団法人百寿コンシェルジュ協会 百寿研
  • シニアお役立ち情報
  • 無料小冊子請求
  • お問合せフォーム
  • 百寿コンシェルジュ協会
space

faq

Q

終活相談は誰にすれば良いの?

質問 先日65歳を迎えました。もう仕事はしていないので、これからは年金生活者の仲間入りをすることになるので、この機会に終活もはじめようと思っているのですが、何から手をつけて良いか分かりません。
終活の相談は誰にすれば良いのでしょうか?相談できるところがあるとすれば、相談の仕方にはどのような方法があるのでしょうか?電話などでも相談できるなら良いので、それも教えてください。
そのときに終活の仕方を詳しく聞きますが、その前におおまかでも良いので、終活で行うべきことや決めるべきことを教えてもらえるとありがたいので、よろしくお願いいたします。

yajirusi

A

終活セミナーやイベントに参加するのも良い方法です

終活の相談は、法理の専門家である弁護士や司法書士や行政書士などが専門の相談窓口として知られていますが、各自治体が無料で利用できる相談窓口を設けているので、まずはそれを利用してみると良いと思います。
そうすれば、専門分野の相談ができる前記した弁護士なども紹介してもらうことができます。専門家を紹介してもらうときには、費用についても確認することをおすすめします。同じ弁護士でも相談する事務所によってかかる費用は異なります。
最近では、終活セミナーやイベントも開催されているので、そこに参加してみるのも良い方法です。体験型のイベントなどもあるので、楽しく終活をはじめることができます。
体験型のイベントに参加するときには会場に出向かなくてはいけませんが、終活相談は直接会って行う以外にも、電話やメールなどいろいろな方法が用意されています。オンラインで参加できるセミナーなどもあるので、自身に合った方法で受けられ相談窓口などを選んで利用してください。
終活で行う代表的なことには生前整理があります。最近では少子高齢化と核家族化が進んでいて、一人暮らしのお年寄りも増えています。自分が亡くなったときに荷物が多いと家族に迷惑をかけてしまうので、できるだけ身の回りのものを少なくすることは大事なことです。
終活では自分に介護や延命治療が必要になったときにはどうしたいか、葬儀はどのようなスタイルで挙げたいのかなどを決める方が多いです。これらのことを決めておけば、家族を無駄に悩ませることもなく自分も安心です。
エンディングノートを書いてそこに自分がしたいことを書いたり、遺言書を作成したりするのも終活としてやるべき大事なことです。
トップページに戻る

PageTop