終活相談の窓口ならお任せ下さい。

一般社団法人百寿コンシェルジュ協会 百寿研
  • シニアお役立ち情報
  • 無料小冊子請求
  • お問合せフォーム
  • 百寿コンシェルジュ協会

終活相談の窓口【ポイントとFAQ】

株式会社百寿研は、終活支援のプロとして様々な就活相談に対応しています。
これから迎えるセカンドライフを、より充実したものにしたいとお考えの方は、迷わず弊社をご活用ください。
高齢化社会が加速化して、終活がブームにもなっていますが、実際にご自身のエンディングのために、準備を進めている方は非常に少ないことが分かっています。

終活相談

医療の発達などにより、すでに年々寿命が延びていて、100年時代が到来するのも間近に迫ってきています。
現在70歳だとしても、100年生きるとなるとあと30年もの時間が残されていて、これからの長い人生を有意義にしたいのであれば、早めに行動に移しましょう。
実際に行動を起こした人と、そうでない人のこの先の人生は、間違いなく異なるものになるでしょう。
ご自身で有意義に過ごせる終活の方法を見つけられない方は、今すぐ弊社に終活相談することをおすすめします。
ご自分の人生の終わりについて不安を抱えている方は、無料で終活相談に応じておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。
一人で悩んでいても解決できないことでも、終活のプロを頼ることで、目の前が明るくなり、残された人生を楽しく生きられるようになるでしょう!

01終活相談の内容とは

終活相談とは、その字の通りに最期を迎えるにあたり疑問に思っていることやお困り事や、しておくべきことなどを相談することです。
終活相談は誰にしても構いませんが、法律に関わることについて知りたい場合は、弁護士や司法書士などの専門家を選択した方がいいでしょう。
終活という言葉がメジャーとなり、多くの方が終活をしている現在では、終活アドバイザーなどの資格を持つ方も増えていて、いろいろな相談に乗ってもらうことができます。
一口で終活と言ってもその内容は多岐にわたっています。人が亡くなればお葬式が行われますが、どのようにお葬式を挙げればいいかも気になるところです。
またお墓に関することも、終活相談で題材にあがるケースが多くなっています。遺言書や遺産相続についても、終活アドバイザーなどの終活に関する資格を持っている専門家なら対応可能で、実際に手続きを行うことはできませんが、希望をすれば弁護士なども紹介してもらうことができます。
他にも資産や遺品の整理、エンディングノートの書き方や使い方、成年後見などその他の法律に関わることなど、終活相談の題材は豊富にあります。
素人にアドバイスを求めるよりは、専門家に相談することをおすすめします。

02初めての終活相談で聞くべきポイントを紹介

初めての終活相談では聞くべきポイントがいろいろありますが、相談時間が限られている場合も少なくないので、要点をまとめておくことをおすすめします。
人によって相談したいポイントは異なると思いますが、就活相談は「生前」「亡くなったとき」「亡くなった後」の3段階に大別できるので、それを覚えておくと聞きたいポイントもまとめやすいです。
生前では、生きている間にどう過ごすかがポイントになります。終活相談で多いのは、一人暮らしの方法や、認知症になったときや終末期医療などに関することです。
亡くなったときに関しては、葬儀や墓をどうすればいいのか?という相談が多く、葬儀に関しては自分に合った葬儀を選択するのが良い方法です。
お墓に関しては家族構成にもよりますが、一般墓地や永代供養墓という選択肢があります。
最近ではペットを飼う高齢者も増えているので、自分が亡くなった後のペットの行き先も問題となります。
亡くなった後は遺産相続が最も大きなポイントで、トラブルにならないためにも今から誰にどのように相続させるかを決めておくのがポイントです。また、遺品整理を誰が行うかも大事なポイントです。

初めての終活相談で聞くべきポイントを紹介

03終活を行う際に良くある3つのお悩みを紹介

1.何からはじめればいい?
終活は何からはじめなければいけないなどのルールはありませんが、全体的な予定を立てるためにまずは終活ノートを用意することをおすすめします。
今後の余生をどのように生きるかを具体的に書き出してみましょう。遺言書とは異なり内容は自由で、普段は家族にも言えないことを記載できるなどのメリットもあります。

2.お墓選びについて
終活ではお墓選びを行う方も多く、墓地にはいくつかの種類があり、管理費なども異なりますので、家族とも相談して墓地選びを慎重に行いましょう。
たとえば、公営霊園は費用が安い傾向にありますが、抽選で選ばれないと建墓できない場合も多く、人気の霊園だと倍率は相当高くなっているようです。

3.遺言書について
終活では遺言書を作成する方が多く、遺言書にも3つの種類があり作成方法も異なりますので、どれを選択するか決めなくてはいけません。
遺言書が無効にならないようにそれぞれのルールを認識して、不安な場合は弁護士などの法律の専門家に相談しながら作成することをおすすめします。
ただし、遺言書は何度でも書き直すことができるので、それほど作成にナーバスになる必要はありません。

04終活にはどんな種類があるかを紹介

終活にはどんな種類があるかを紹介

終活にはとても興味はあるけれど、具体的には何をすれば良いかを理解していない方は多いようです。終活の種類には主に「生前整理」「エンディングノート作成」「遺言書作成」「葬儀やお墓の準備」などがあります。
生前整理とは、自分の身の回りのものを整理したり処分したりすることで、自分が亡くなった後に遺族の手をわずらわせない目的があります。他にも、遺族の目に触れさせなくない品物を処分する目的もあります。
終活をはじめるときにはエンディングノートをまず作成することがおすすめで、エンディングノートには自分は亡くなるまでにしたいことと、自分が亡くなった後にノートを遺族が確認することを前提として、相続の希望や葬儀やお墓のことなどを書き残しておきましょう。
相続に関しては、法的根拠がある遺言書を作成しておけば良く、財産を明確にするために目録を作成しましょう。ちなみに、遺言書は何度でも書き換えることができます。
あらかじめ葬儀場を決めておくと遺族にかかる負担を軽減でき、お墓がない場合は墓石の用意をしておくことも就活の大事な種類の1つです。

05神奈川県横浜市中区にある終活相談窓口

神奈川県横浜市中区に拠点を置き、各種終活相談に対応しています。
横浜市中区は神奈川県の県庁所在地でもあり、県や国の主要行政機関が集中している横浜の中心地です。
横浜の象徴にもなっている大観覧車や赤レンガパークなども有し、西区と並んで横浜を代表する観光スポットが集中しているエリアでもあります。
横浜の歴史を感じられる横浜三塔とも言われる「神奈川県庁本庁舎」「横浜税関」「横浜市開港記念会館」も中区にあって、日本最大の中華街「横浜中華街」、横浜港を一望できる「山下公園」「海の見える丘公園」も、お洒落なカフェやブティックが立ち並ぶ「元町商店街」なども全て中区に存在しています。
近代的な建物も中区にはたくさん建築されていて、「横浜ワールドポーターズ」「横浜みなとみらい万葉倶楽部」「マリン・アンド・ウォーク・ヨコハマ」などは現在の横浜を象徴する施設です。
中区には昔ながらの横浜と、近代の横浜の両方が点在しているため、まさにイメージ通りの横浜を感じたい方には最もおすすめのスポットと言えるでしょう。
中区の中心駅から横浜駅までは約3分、関内駅からも5分程度でアクセスできるため、交通の便も抜群です。

06終活にかかる費用はどのくらいみておけば良いの?

日本人の平均寿命は年々伸び続けていますが。最近ではかなり早い段階で終活をはじめる方も増えているようです。
終活ではエンディングノートを作成したり、生前整理をしたり、自分が死んだときに備えて葬儀会社を探しておいたりするなどのいろいろやることがありますが、気になる終活にかかる費用は100〜300万円程度と言われています。

終活にかかる費用はどのくらいみておけば良いの?

この金額を聞いて「そんなに費用がかかるの?」と思った方も多いとでしょうが、終活で大きなウエイトを占めるのは葬儀費用と墓代で、それを省けばたいした金額にはならないケースがほとんどなので安心してください。
また、葬儀代は亡くなった後で支払うことになるので、あくまでも事前に利用する葬儀社を探しておいて、葬儀内容を決めて見積もりをとっておくという作業になります。
一般的な葬儀を執り行うには最低100万円以上の費用がかかるので、あまりお金をかけたくない場合は、葬儀の内容を調整したり、一般葬ではなく家族葬を希望したりして見積金額を下げてください。
自分のお墓がない場合は、あらかじめお墓を用意しておく方も多いですが、お寺などのお墓を持つ場合は納骨堂などの費用も必要になるため、お墓を建てる場所をどこにするかを慎重に決めることが大事です。

07終活相談をする前に整理しておくべき3つのポイント

01所有財産をどうするかを明確にする

終活をしようと思うタイミングは人それぞれですが、歳を重ねると認知症などのリスクも高まるので、財産がある方は自分に何かあったときには所有財産をどうすべきか自分なりに明確にしておきましょう。
どうして良いか判断がつかないなら、信頼する人や組織に相談して意見を仰ぐと良いでしょう。その場合でも、相談する前に自分の所有財産を洗い出しておきましょう。

02医療や介護に関する希望を明確にする

終活相談を行う前には、認知症も含め病気になることも考えて、そうなったときの医療や介護に関する自分の希望を明確にしておくことをおすすめします。
特に認知症が進むとグループホームや有料老人ホームなどへの入居が必要になるケースが多く、認知症になってからでは自分の希望が反映されないので、しっかりとその点について知らせておくことが大事です。

03これから自分が何をしたいか明確にする

終活の1つにエンディングノートを作成することがあり、そこには所有している財産をどうするか、医療や介護に関する希望なども記載すれば良いわけですが、エンディングノートには死ぬまでに自分が何をしたいかを記入します。
もちろん後からどんどんやりたいことを付け加えても良いですが、終活相談をする前にある程度したいことをまとめておいた方が良いと思います。

08終活を相談できる業者を選ぶときのポイントとは

終活をはじめる目的は人によって違います。多くの財産がある方は、自分が亡くなったときに残す家族が遺産相続でもめないようにと、遺書を作成したり生前贈与をしたりすることも終活の一種です。
財産がない方は、終活をはじめることで人生の振り返りができます。何もしないでそのまま生きていたら気づかなかったことも、終活をしたおかげで人生のやり残したことに気づけて残りの人生を楽しく有意義に過ごせたという方がたくさんいます。
また、病気になったりして自分の意思が伝えられなくなったりしたときに、残された家族が判断に困らないようにすることができるメリットも終活にもあるのです。
終活をはじめるタイミングを掴めないという方も多いようですが、タイミングは自分が思い立ったときが良いと言われています。
終活に関する相談は、終活の相談に専門に乗っている各種業者の窓口に依頼すれば良く、そうすることで遺言から遺品整理までいろいろな悩みを解決することができます。
遺言書の作成は弁護士などに直接相談しても構いませんが、相談窓口でも法律事務所を紹介してもらうことができます。
現在はインターネットで検索すると、終活の相談ができる窓口を複数見つけることができますが、各業者が行っているセミナーやイベントにも参加してみると、自分が相談すべき場所が見えてきます。

09行う意味に関することでよくある相談事例

行う意味に関することでよくある相談事例

終活をはじめる方から多く寄せられる相談には、その内容の他に行う意味は?というものがあります。終活の内容に関しては、生きているうちに身の回りのものを処分したり整理したりする生前整理や、自分に万一のときがあったときのためや、死ぬまでにやりたいことを記載するエンディングノートの作成などがあります。他にも、遺言書の作成、お墓や葬儀の準備などが、主な終活の内容です。
終活を行う意味については、それを行うことで自身や家族の不安を払拭できることが挙げられます。最近ではよく人生100年と呼ばれていますが、たとえ長生きできたとしても人間いつ自分で身の回りのことができなくなるか分かりません。
そうなったときに終活をしておけば、周りに自分の考えや感謝の気持ちをスムーズに伝えることができます。
財産を多く持っている方は、相続に関する争いごとが起きやすいので、遺言書を作成しておけばトラブルを防ぐことができます。
終活を行うことで、自分では気づいていなかったことにも気づくことができる点もメリットと言えます。終活をはじめたおかげで、残りの人生に前向きになれたという人も少なくないようです。

10よくある3つの質問とは

質問 終活をはじめる前にすべきこととは?
回答 終活を行う目的は人によっても異なりますが、いずれの場合もやるべきことを事前にきちんとまとめることが大事になります。
財産がある方は相続をどのようにするかを決めなければ、遺言書も作成できません。お墓がない方は、子どもたちにも迷惑を掛けないように、先のことも考え、本当にお墓が必要なのかも含めて、自分の意思を固めて伝えておくことも終活の1つです。
質問 エンディングノートには何を書けば良いの?
回答 エンディングノートは、これまでの自分の人生を振り替えるものでもあり、これからの人生で何をしたいか考えるものにもなります。
何を書くかはその人の自由ですが、一般的には個人情報、遺言、自分がしたいこと、遺族が安心することなどを記載します。
普通のノートを利用しても構いませんが、今では専用のノートがいろいろなところで販売されています。
質問 終活で考えておくべきこととは
回答 終活では自分が死んだ後のことを考えると思い込んでいる方も少なくないようですが、生きている間どう過ごすかを考える良い機会となります。
自分が亡くなった後で家族に迷惑をかけないために終活を行うだけでなく、人生の締めくくりをどうすれば一番楽しめるかを考えるようにしましょう。

11相談先を選ぶときの注意点

POINT 自分の死に備えて、終活を早めに開始する方が年々増えていますが、終活の相談は弁護士や遺品整理業者やすでに終活をはじめている知り合いなど、いろいろな人や場所で行うことができます。
ただし、就活にもさまざまな種類があって、例えば遺言書を作成するなら素人に相談しないで弁護士などの法の専門家に相談しないと、正式な書類として取り扱われない危険性が高くなります。
そのため、目的によって相談先をきちんと選ばなくてはいけません。単に荷物を整理したり処分したりするだけなら、遺品整理業者などに相談しても構いません。
最近では終活専門の相談窓口ができていて、そこなら終活に関する相談をトータルで行うことができます。相談だけなら無料で行っているところが多く、専門的な相談をする場合はその道の専門家を紹介してもらえるケースも多いです。
紹介を受けた後やいろいろな話を聞いてもらった後は有料になる可能性もあるので、その後に掛かる料金や受けられるサービス内容などを確認して相談先を選ぶようにしましょう。
また、現場委では就活セミナーやイベントなども各地で開催されているので、積極的に利用してみるのも良い方法です。

12終活に関することで多くの人が認識していない用語

少子高齢化が加速しており、核家族化も当たり前になったこともあって、自分が他界した後で子どもたちに迷惑をかけたくないという理由で終活をはじめる方が増えています。
しかし、終活ブームは最近はじまったばかりなので、まだまだ終活に関して多くの方が認識していない用語もたくさんあります。
かなり知名度が高まっているものとしては「エンディングノート」があります。これは、万一自分に何かあったときに家族に伝えることを記載しておくことを目的としたノートのことで、この中に遺言を記す方も多いようです。
ただし、エンディングノートには決まった書き方もなければ、何を書いても構わないので、自分が好きなことを自由に書いて構いません。
あまり知られていない言葉の1つとして「死後事務委任契約」という言葉があります。これは、亡くなった後の諸手続きを委任するための契約のことです。
「アクティブシニア」とは、定年退職後にも仕事や趣味などにも意欲的な元気なシニアのことを指しています。アクティングシニアの多くも、最近では終活をはじめているようです。
「弔意」とは、哀悼の意を表し遺族を慰めるという意味です。

FAQ一覧

お役立ち情報

終活の相談を専門家に相談する前にやることとは? 遺言書などを作成するなどの具体的に終活をはじめる前に、本人がやっておくべきことが何かを紹介しています。
人によってやるべきことは異なりますが、終活をはじめようとしている方には参考になると思います。
終活相談の方法にはどのようなものがあるの? 終活の相談をしたいけどどうすれば良いか分からないという方のために、終活相談ができる場所を紹介しています。どのような形で相談すれば良いかも書かれているので、興味のある方はぜひご覧になってください。
終活相談はどこで行える? 終活は進めたいけど、どうやって良いか分からなくて誰かに相談したいと思っている方たちに、終活相談ができる窓口を紹介しています。
終活といってもいろいろな種類があるので、それぞれの専門家に相談すれば良いことが書かれています。
終活相談を専門家にするメリットとは 終活相談を専門家にするメリットは何?という質問に対する答えが書かれています。
これを読めば、終活にはいろいろな種類があることや、終活を行う手順などが明確になるなど、今まで知らなかったことに気づけると思います。
トップページに戻る

PageTop