終活相談の窓口ならお任せ下さい。

一般社団法人百寿コンシェルジュ協会 百寿研
  • シニアお役立ち情報
  • 無料小冊子請求
  • お問合せフォーム
  • 百寿コンシェルジュ協会

終活相談の窓口【ポイントとFAQ】

株式会社百寿研は、終活支援のプロとして様々な就活相談に対応しています。
これから迎えるセカンドライフを、より充実したものにしたいとお考えの方は、迷わず弊社をご活用ください。
高齢化社会が加速化して、終活がブームにもなっていますが、実際にご自身のエンディングのために、準備を進めている方は非常に少ないことが分かっています。

終活相談

医療の発達などにより、すでに年々寿命が延びていて、100年時代が到来するのも間近に迫ってきています。
現在70歳だとしても、100年生きるとなるとあと30年もの時間が残されていて、これからの長い人生を有意義にしたいのであれば、早めに行動に移しましょう。
実際に行動を起こした人と、そうでない人のこの先の人生は、間違いなく異なるものになるでしょう。
ご自身で有意義に過ごせる終活の方法を見つけられない方は、今すぐ弊社に終活相談することをおすすめします。
ご自分の人生の終わりについて不安を抱えている方は、無料で終活相談に応じておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。
一人で悩んでいても解決できないことでも、終活のプロを頼ることで、目の前が明るくなり、残された人生を楽しく生きられるようになるでしょう!

01終活相談の内容とは

終活相談とは、その字の通りに最期を迎えるにあたり疑問に思っていることやお困り事や、しておくべきことなどを相談することです。
終活相談は誰にしても構いませんが、法律に関わることについて知りたい場合は、弁護士や司法書士などの専門家を選択した方がいいでしょう。
終活という言葉がメジャーとなり、多くの方が終活をしている現在では、終活アドバイザーなどの資格を持つ方も増えていて、いろいろな相談に乗ってもらうことができます。
一口で終活と言ってもその内容は多岐にわたっています。人が亡くなればお葬式が行われますが、どのようにお葬式を挙げればいいかも気になるところです。
またお墓に関することも、終活相談で題材にあがるケースが多くなっています。遺言書や遺産相続についても、終活アドバイザーなどの終活に関する資格を持っている専門家なら対応可能で、実際に手続きを行うことはできませんが、希望をすれば弁護士なども紹介してもらうことができます。
他にも資産や遺品の整理、エンディングノートの書き方や使い方、成年後見などその他の法律に関わることなど、終活相談の題材は豊富にあります。
素人にアドバイスを求めるよりは、専門家に相談することをおすすめします。

02初めての終活相談で聞くべきポイントを紹介

初めての終活相談では聞くべきポイントがいろいろありますが、相談時間が限られている場合も少なくないので、要点をまとめておくことをおすすめします。
人によって相談したいポイントは異なると思いますが、就活相談は「生前」「亡くなったとき」「亡くなった後」の3段階に大別できるので、それを覚えておくと聞きたいポイントもまとめやすいです。
生前では、生きている間にどう過ごすかがポイントになります。終活相談で多いのは、一人暮らしの方法や、認知症になったときや終末期医療などに関することです。
亡くなったときに関しては、葬儀や墓をどうすればいいのか?という相談が多く、葬儀に関しては自分に合った葬儀を選択するのが良い方法です。
お墓に関しては家族構成にもよりますが、一般墓地や永代供養墓という選択肢があります。
最近ではペットを飼う高齢者も増えているので、自分が亡くなった後のペットの行き先も問題となります。
亡くなった後は遺産相続が最も大きなポイントで、トラブルにならないためにも今から誰にどのように相続させるかを決めておくのがポイントです。また、遺品整理を誰が行うかも大事なポイントです。

初めての終活相談で聞くべきポイントを紹介

FAQ一覧

トップページに戻る

PageTop