終活相談は50代のうちに受けても良いか|終活の相談窓口【百寿コンシェルジュ】

一般社団法人百寿コンシェルジュ協会 百寿研
  • シニアお役立ち情報
  • 無料小冊子請求
  • お問合せフォーム
  • 百寿コンシェルジュ協会
space

質問

終活相談は50代のうちに受けても構いませんか?

私は50代であり、まだ現役で働いていて老後は先のことなのですが、もうそろそろ真剣に考えなければいけないと思っています。
そこで終活相談というものがあることを知って、こちらに参加してみたいと思っているのですが、まだ50代の私が参加してもいいものか悩んでいるため教えてください。

回答

終活相談は50代の人が参加しても問題ありません

50代になると老後のことが気になってしまい、終活相談にも興味を持つかもしれません。
私達は老後の生活に不安をいだいている人たちを対象として終活相談を受け付けています。
先日はまだ50代という人が相談に来られて、そちらの人はこれから10年もすれば老後の生活がスタートすることになり、今のうちからできる限りのことを準備したいため、相談したいけれども対応してくれるのかとのことでした。
そこで、終活相談は50代の人にも対応することが可能であり、50代から老後のことについて考えるのはとても大切なことで、そうすれば今のうちからしっかり準備ができると説明したところ、すぐに相談を始めてほしいと言われました。
実際に相談を受け付けたところ、こちらの人がどのような悩みを抱えているのかしっかりと聞き出すことに成功して、その悩みを解決するためのアドバイスをすると納得してくれました。
このように50代であっても終活相談に参加するのは何の問題もないため、むしろ積極的に利用してみるとよいでしょう。
50代の時点ならばじっくりと準備をする期間が残されているため、老後の生活の準備を進めていくことで、将来はとても快適な生活を送れるようになるでしょう。
老後になってしまってから慌てて終活相談を受けたとしても手遅れになっているケースもあるのです。
終活相談では終活の基本的なところから説明を受けることができ、今後のことについてやっておくべきことを示してもらえるため、これから何をするべきか悩んでいる人にとって最適な機会となるでしょう。
実際の相談の場では、どのような基本的なことや小さなことであっても、しっかりと話を聞いてもらえます。
トップページに戻る

PageTop