終活相談ではどういった事例|終活の相談窓口【百寿コンシェルジュ】

一般社団法人百寿コンシェルジュ協会 百寿研
  • シニアお役立ち情報
  • 無料小冊子請求
  • お問合せフォーム
  • 百寿コンシェルジュ協会
space

質問

終活相談ではどういった事例を扱いますか?

これから私は定年を向かえており終活を始めようと考えているのですが、初めての経験であり、何をすればいいのかまったくわかっていません。
そんなときに終活相談というサービスの存在を知って、そちらを利用しようかと考えているところです。
終活相談では具体的にどういった事例を扱っているのか知っておきたいため教えてください。

回答

介護や認知症、癌など老後に想定できる課題について相談できます

老後の生活を送るとなるとさまざまな不安が生じてしまい悩む人が多いでしょう。
そのような人のために私達は終活相談を実施していて、これまでにさまざまな事態に対応してきました。
先日も老後の生活に不安を抱えているという人からの相談があり、そちらの人は具体的にどういった相談に対応してくれるのか知りたいとのことでした。
そこで、私達がこれまでにどういった事例を扱ってきたことがあるのかを詳しく説明しました。
たとえば、介護が必要になった人がいれば、その人に対して適切な介護サービスの案内をします。
家族が認知症で悩んでいる人に対しては、どのように対処すればいいのか具体的なアドバイスをしました。
癌にかかった人に対しては、治療を受ける病院をどのように決めればいいのかなどアドバイスを行いました。
ほかにも、将来の葬儀のことや自分の死後の後始末についてなどの相談にも対応してきた実績があると伝えると、とても安心されていました。
こちらの人は介護のことで将来に不安を抱えているようだったため、どういった介護サービスを利用できるのか、どんな種類の介護施設があるのか、どのように手続きを進めればいいのかなどしっかりと説明するとホッとした顔をしていました。
このように終活相談で取り扱うことができる範囲はとても幅広いため、老後のことについてどのような悩みであっても気軽に打ち明けてみるとよいでしょう。
相談を真剣に受け止めてくれて、最終的には老後の問題をしっかりと解決できるようになります。
トップページに戻る

PageTop