終活相談を高齢者が受ける意味|終活の相談窓口【百寿コンシェルジュ】

一般社団法人百寿コンシェルジュ協会 百寿研
  • シニアお役立ち情報
  • 無料小冊子請求
  • お問合せフォーム
  • 百寿コンシェルジュ協会
space

質問

終活相談を高齢者が受ける意味とは何でしょうか?

私の父は高齢になってしまい、そろそろ終活について考えてもいい年齢になっているのですが、具体的に何をすればいいのかよくわからないと相談されたため、終活相談のサービスを利用することを検討しています。
しかし、終活相談を高齢者が受けることによって、具体的にどういった意味があるのかよくわかっていないため、どんなメリットがあるのか教えてください。

回答

これからどう生きていくのかを考えるよい機会になります

終活をする年齢になるとどうやって生きていけばいいのか悩んでしまう人が多いでしょう。
そういう人のために終活相談をしているのが私たちであり、これまで多くの人をサポートしてきた実績があります。
先日も終活相談について興味があるという人からの問い合わせがあり、そちらの人は定年退職してしまい、これからどうすればいいのかわからずに相談したいとのことでした。
終活相談を受けたいけれども、それによってどういったメリットがあるのかも教えて欲しいとのことでした。
そこで、終活相談を受けることによって、これからの人生について考える良い機会となり、自分が何をしたいのか、どう生きたいのか考えることができて、自分の希望を実現するためにはどうすればいいのかアドバイスを受けることができるとも伝えました。
こういった話を聞いた結果、こちらの方は真剣に終活相談を検討されることになり、後日、私たちのところを訪れて終活相談を受けたいという話になったため、スタッフが熱心に話を聞いて相談に乗ってあげました。
そこでは、たとえば相続のことについて話をして、生前贈与するためにはどういった手続きが必要なのかアドバイスをするといったサポートをしました。
このように終活相談というのは、老後の人生をどう生きていくのか決めるためのサポートを受けられる場となるため、自分のこれからの生き方について悩んでいる人に最適なサービスといえるでしょう。
どのような高齢者に対してもそれぞれの悩みや不安をしっかりと引き出して、解決のための糸口を示すことができるのが終活相談です。
トップページに戻る

PageTop