「百寿研 」の既存の終活系資格との違いについてご紹介しています。

一般社団法人百寿コンシェルジュ協会 百寿研
  • シニアお役立ち情報
  • 無料小冊子請求
  • お問合せフォーム
  • 百寿コンシェルジュ協会

既存の終活系資格との違い

「元気なうちから・いつでも・なんでも・気軽に・さいごまで」を
実践する唯一無二のエンディングのプロ

百寿コンシェルジュが他の類似資格や相談窓口と決定的にちがうこと。それは、シニアが元気なうちから信頼関係を構築し、そのお付き合いの過程で老いの問題について前倒しで提示・提案し、その時点での要望を顕在化させ、解決策を明文化し、適切な時機に必要な段取りを実行(同行・代行・請負)する…。この網羅性と一貫性にあります。
弁護士でも医者でも警察でも役所でも、世の中の相談窓口は、事が起きてからでないと対応してくれないのです。

既存の終活系資格との違い

そうなると、シニアは老後の想定課題にあらかじめ備えておくことがままなりません。いざその時になって、動揺し冷静さを欠いた状態で、たまたま目の前に現れた専門家もどきにいいようにされてしまったり、他の選択肢を比較検討することもせずにババを引いてしまったり・・・。結果的に、「こんなはずじゃなかった」と嘆くシニアやご家族がいかに多いことか!
長生き時代最大のリスクと称される認知症についていえば、親世代が備えておかなかったことによる子ども世代の不便と不利益は、計り知れないものがあります。

金融機関や弁護士や司法書士は、認知症対策として、こぞって「遺言信託・家族信託・成年後見制度」を推奨してきます。しかしながら、私どもでは、そうしたテクニック論の前に取り組むべきことがあると考えます。それが、「親世代が子ども世代に対して、エンディングに係る要望事項や基本方針をしっかりと伝え、引き継いでもらうべき財産を示した上で、エンディングのサポートをきちんと依頼すること」に他なりません。
親世代の目が黒いうちから、最低でも年に一度は双方が顔を合わせ、もしかしたら子ども世代の成長過程で離れてしまったかもしれない両者間の心理的距離を縮める作業がとても大切なのです。
この手順を踏むことなく、ある日突然遺言状が出てきたり、遺言状すらもなく逝ってしまったりするから、遺族間の壮絶な遺産争いが起きてしまうのではないでしょうか。
家庭裁判所や弁護士や成年後見制度ありきの終活はまちがっていると思います。こうしたものは、できれば関わらずに済ませたほうがいいに決まっています。

既存の終活系資格との違い

百寿コンシェルジュは、親子や家族の絆を維持・修復するお手伝いを通じて、親世代の想いが反映されるエンディングの実現と、子ども世代や家族が親を支える覚悟の促しを提供できる唯一無二のプロフェッショナルです。
トップページに戻る

PageTop