株式会社百寿研のブログ | 終活の相談窓口【百寿コンシェルジュ】

一般社団法人百寿コンシェルジュ協会 百寿研
  • シニアお役立ち情報
  • 無料小冊子請求
  • お問合せフォーム
  • 百寿コンシェルジュ協会

ビジネスブログ

2020年08月13日 [ニュース]

54/110 早食いは過食のもと

飲み込むまでは箸を置くようにしましょう。

唐突ですが、イタリア人とフランス人。
ともに、肉も炭水化物も大好きで、おまけに昼間からワインをがぶ飲みしているイメージ、ありませんか?

ですが、中高年の体型を比べてみると大違いです。
イタリア人は肥満体が非常に多い。かたやフランス人はスマートで颯爽とした感じの人が目につきます。
同じような食文化にもかかわらず、です。なぜだかわかりますか?

答えは、食事の作法にあります。
フランス人は食事にたっぷりと時間をかけますが、食物をひとくち口に運んだら、ナイフとフォークを手からしてテーブルに置く。
このマナーが子どものころからしつけられているのです。これによって、結果的にゆっくりと食べるクセが自然と身についているわけです。
おしゃれですよねぇ〜。

早食いは肥満のもと。肥満は万病のもとです。

私たちもフランス人を見習って、ひとくち食べたらよく噛んで、飲み込むまでのあいだはお箸を置く。
そんな習慣を心がけみてはどうでしょうか。

噛んでる間はお箸をおく。
これが大切です。


トップページに戻る

PageTop