株式会社百寿研のブログ | 終活の相談窓口【百寿コンシェルジュ】

一般社団法人百寿コンシェルジュ協会 百寿研
  • シニアお役立ち情報
  • 無料小冊子請求
  • お問合せフォーム
  • 百寿コンシェルジュ協会

ビジネスブログ

2020年08月10日 [ニュース]

51/110 売ってるやつらは決してそれを食べない

コマーシャルにダマされるな!

ジャンクフード文化のもっとも恥ずべき点は。
それは、もっとも熱心な販売者本人が、プライベートでは、自身も含めて、愛する家族には自社商品を極力避けさせているということです。

かつて、日本最大のファストフードチェーンの社長が言いました。

「セブンイレブンのおにぎりに勝つために、物心がつくかつかないかの年頃の子どもたちの食生活にハンバーガー文化を浸透させなければならない。が、わが家系の孫たちにはあまり食べて欲しくはない」。 

世界最大のフライドチキンチェーンの日本法人の役員はこう言いました。

「今日、フォーカスグループで新商品の試食会をやったんだけどね、みんな、ここまでどうやってやって来たのかと思うほど大儀そうに、肥えた身体でモサモサと会場に現れるんですよ。あの人たちの体重が、あと5kgずつ増えることで今期のノルマが達成できるのかな。そしたらご褒美のハワイ旅行だな…なぁんて考えてしまうんだよねぇ…」。

つまり、もっとも熱心に売っている本人は、決して自社製品を食べない!
そういうことなのです。


トップページに戻る

PageTop