株式会社百寿研のブログ | 終活相談窓口の「百寿コンシェルジュ」では、認知症、がん、感染症等の問題からエンディングノートや葬儀・相続まで全てサポートしてます。

一般社団法人百寿コンシェルジュ協会 百寿研
  • シニアお役立ち情報
  • 無料小冊子請求
  • お問合せフォーム
  • 百寿コンシェルジュ協会

ビジネスブログ

2020年07月29日 [ニュース]

39/110 喫煙が男性の肺がんをまねく

愛煙家のみなさん、タバコはやめましょう。
男性の肺がんによる死亡率が、急激に上昇しています。
がんの中でも、死亡率がいちばん高いのが「肺がん」です。罹患者数では前立腺・胃に次いで3位ながら、男性の人口10万人当たりの肺がんによる死亡者数は、10年あまりの間に約3割も増えています。

原因としては、当然、喫煙が深く関わっています。
「喫煙率は年々下がっているのに、なぜ肺がんの死亡者数が急増しているのか」と訊かれることが多いのですが、答えは簡単です。
肺がんには、「肺に発がん性物質が蓄積することで発症リスクが高まる」という特性があるのです。

肺がんが発症する確率が急激に上るのは、喫煙を開始してから30〜40年後といわれています。
喫煙率が肺がんの罹患率や死亡率に反映するのにはタイムラグがあるのです。
逆に言えば、ここ数年の喫煙習慣で発症する確率は低いということです。

ちなみに、現在の男性喫煙率は30%程度。15年前は50%。
今から40年ほど前の男性の喫煙率は丁度ピークに当たっており、ゆうに80%を超えていました。
このことが、現在の日本で、男性の肺がんの罹患率と死亡率を急激に上昇させる原因となっているのです
将来的に肺がんになりたくなければ、早期に煙草を手放すことです。


トップページに戻る

PageTop