株式会社百寿研のブログ | 終活の相談窓口【百寿コンシェルジュ】

株式会社百寿研
  • シニアお役立ち情報
  • 無料小冊子請求
  • お問合せフォーム
  • 百寿コンシェルジュ協会

ビジネスブログ

2019年05月12日 [ニュース]

安心老後大作戦(6)

もう備えるな!

はっきり言って、世間で言われてきた終活のやり方はまどろっこしい。老いの問題に対して備えるということは学習することではありません。やたら時間とお金をかけて、官僚たちが意図的に複雑怪奇に設計した社会保障制度を勉強してみたところで、いざという時には何の役にも立ちません。この事実を知らないと、本当に骨折り損のくたびれ儲けです。これが知らなきゃ損する真実です。

誰がいくら注意しようとも、振り込め詐欺の被害は増えるばかりです。転ばぬ先の杖を求めて勉強していたはずの人たちも、こんなはずじゃなかったと嘆き悲しむことになるのです。薔薇色だったはずの人生の最終段階で、不本意な日々を強いられることになるのです。そうならないためにも、ここは発想を変える必要があると思います。

いくら自分を戒めて、いくら必死で勉強しても、結局は無理。時間の無駄なのです。これからお伝えする提言は、そんなどうしようもなく残念な人たちにとって最後の救いかもしれません。お釈迦様の蜘蛛の糸に匹敵するかもしれません。これまで、漠然とした不安にさいなまれながらも何ひとつ具体的なアクションをとらぬまま今日まで来てしまった愚かな人たちであっても、起死回生の老後対策になるはずです。

もう老後に備えるために学ばなくてもいいんだ!
老後のさまざまなリスクを限りなくゼロにする方法があるんだ!
取るべき唯一無二のアクションはこれだ!

そう快哉を叫んでいただける具体的方法論をご紹介しましょう。

終活本を読み漁ったり、終活講座に通ったり。本当の意味での終活とは、そんなことではありません。真に意味のある終活とは、あなたの老後の伴走者を確保することです。エンディングを迎えるまでに直面するであろう老後のさまざまな問題について、いつでもなんでも気軽に相談できて、ときに代行までしてくれるパートナーを見つけて専属契約しておくことに他なりません。ズバリ、これが結論です。

本気で円滑な老後を手にしようとするのであれば、50歳の大台に乗ったらすぐに、あなた専属の安心老後のパートナーを確保すべきです。忙しい子どもたちに代わって、いつでもなんでも気軽に相談に乗ってくれるプロフェッショナル。そんな老い先案内人とも言うべき誰かと懇意な関係が作れたとしたら、老後のリスクは大きく減らせるはずです。
これこそ、国にも子どもにも頼らない、真に自律したクールな老後のあり方ではないでしょうか。


トップページに戻る

PageTop