株式会社百寿研のブログ | 終活の相談窓口【百寿コンシェルジュ】

一般社団法人百寿コンシェルジュ協会 百寿研
  • シニアお役立ち情報
  • 無料小冊子請求
  • お問合せフォーム
  • 百寿コンシェルジュ協会

ビジネスブログ

2019年05月06日 [ニュース]

安心老後大作戦

ゴールデンウイーク最終日ですね。多くの方が、明日からまた、平常の日々に戻っていかれることと思います。

さて、本日より、『安心老後大作戦』を綴っていきます。肩の力を抜いて読んでみていただけたら嬉しいです。
まずは結論から申しておきましょう。

身の回りのことはどうにか自分でできるものの、例え漠然とではあっても老い先への不安を抱えながら日々を過ごしている。家族や友人と会話しても、気がつけば表層的な井戸端会議で、ハイおしまい。終活本を読んでみたり、市民講座に出てみたり。それでもなんか釈然としない。

思い当たること、ありませか? 
こうしたモヤモヤは当然のことです。シニアのみなさんが、あれやこれや情報を仕込んだとしても、いざとなったら学んだとおりに実践できないであろうと、ご自分でもわかっているからです。そんな頭でっかちになっても意味はありません。要は、いざというときに、ためらうことなく電話のできる相手がいないから不安なのです。子どもの携帯を頻繁に鳴らすと嫌われてしまうかもしれない。家にかけるのも、配偶者の手前、はばかられる。かと言って、自治体の窓口は小難しい、かかりつけ医は気難しい…。
こんな具合だから、もしものときの拠り所がないから、胸のモヤモヤが消えないのです。

で、結論です。
百寿コンシェルジュという終活のプロと懇意になっておけば、円滑な老後を手にすることができます。
この、誰も教えてくれない重要な事実について、これから書いていきます。

人生の四苦「生老病死」、老後の4大リスク「医療・介護・子ども・葬儀」、老後の四重苦「孤独・貧乏・ボケ・オムツ」。
これらは、生命あるものならば誰もが通る可能性のある問題ですが、百寿コンシェルジュさえ確保しておけば何とかしてくれます。必要な情報を教えてくれるのみならず、ときに代行もしてくれます。国民年金のみで暮らしている方であれば、医療と介護に係る自己負担を軽減させ、予算内で賄えるさいごの生活場所や葬儀社を確保します。自宅で死にたいなら、そうして差し上げます。家族の認知症に悩みを抱えていれば速やかに入院させ、老後資金のために持ち家を処分するのであれば転売の便宜を図ります。年金を受給できない方も、まったく預貯金のない方でも大丈夫です。他にも、病院や介護事業者との折衝、セカンドオピニオン、リビングウィル、家族関係の修復、弁護士等の紹介・・・。円滑な老後に必要なものはすべて調達します。
そう。百寿コンシェルジュはオールマイティなのです。

百寿コンシェルジュの存在が、あまり知られていない今だからこそ、非常に価値の高い情報です。老後のことで不安を抱えているならば、しっかりと読んで、お住まいの地域で相性のいい百寿コンシェルジュを見つけるための第一歩を踏み出してください。

はっきり言います。早い者勝ちです。これは、安心老後のサバイバルゲームなのです。
縁あって読んでいただいたみなさんの、円滑な老後をお祈りしています。

(続く)


トップページに戻る

PageTop