株式会社百寿研のブログ | 終活相談窓口の「百寿コンシェルジュ」では、認知症、がん、感染症等の問題からエンディングノートや葬儀・相続まで全てサポートしてます。

一般社団法人百寿コンシェルジュ協会 百寿研
  • シニアお役立ち情報
  • 無料小冊子請求
  • お問合せフォーム
  • 百寿コンシェルジュ協会

ビジネスブログ

2019年04月14日 [ニュース]

宮沢賢治

広く老若男女に愛され読まれ続けている作家の一人、宮沢賢治。
『雨ニモマケズ、風ニモマケズ』は、東日本大震災の被災者にも勇気と希望を与えてくれました。でも、生前、宮沢賢治はまったくといっていいほど評価されませんでした。実に皮肉な話です。

1896(明治29)年、岩手県の花巻で生まれた賢治は、高校・大学時代を盛岡で過ごし、農業・地学・地質学・化学・天文学などを幅広く学びました。25歳のとき、身につけたことを地元に還元すべく花巻に戻り花巻農学校の教師となります。大学の研究室に残ることを奨められながらもふるさとに戻ってきたのは、習得した科学技術を応用して、日照りや冷害で被害を受けていた地元の農業を救おうと考えたからでした。

ですが、そんな彼に故郷は冷たかった。教壇に立つ傍ら、農村の青年たちを指導し、詩や小説を書き、万物が救われることを寒行で祈る賢治でしたが、完全に拒否され、無視され、冷笑される日々でした。「きちがい賢治」などと罵られながら。
故郷というのは、残酷な側面を持っているものです。高い志を持って何かをやろうとする人や、人と違うことをやって抜き出ようという人の足を引っ張るようなところがあります。現代でいう「ドリーム・キラー」。

そんな孤独な賢治の唯一の理解者が妹のトシでした。しかし、賢治26歳のときに彼女は結核で他界してしまいます。最愛のトシを看取った賢治は3日3晩、押入れの布団に身を捻じ込むようにして号泣したといいます。そして、その絶望感を抱き、賢治は函館から樺太をさまよい歩くのです…。

そこからです。後世に残る数々の作品が生まれるのは。

やがて賢治も結核を発症。死が近いことを悟る中、恐怖におののきながら助けを求めるように書かれたのが『雨ニモマケズ、風ニモマケズ』です。本編の前後には、賢治が信仰した日蓮宗のお題目「南無妙法蓮華経」が繰り返し記載されています。「デクノボウニナリタイ」と人間界を否定し、忍び寄る死への恐怖にもがきながら生み出された『雨ニモマケズ、風ニモマケズ』、でした。それが何十年と経た後に、東日本大震災で打ちひしがれた、生前の賢治をバカにし続けた東北の人たちに光を投げかけているとは…。

何とも不思議なものですよね。

1896年。賢治が生まれる約2ヶ月前の6月15日に「三陸地震津波」が発生し、岩手県に多くの災害をもたらしました。また、誕生から5日目の8月31日には秋田県東部を震源とする「陸羽地震」が発生し、秋田県及び岩手県に多大な被害をもたらしています。賢治が死んだ1933年。この年3月3日には「三陸沖地震」が発生。賢治は、故郷を襲った大災害を病床で憂いたといいます。

誕生の年と最期の年に大きな災害があったことは、地学・地質学・天文学に通じ異常気象を憂慮していた賢治の生涯と、因縁めいた何かを感ぜずにはいられません。実に不思議な巡りあわせだと思いませんか???


トップページに戻る

PageTop