「百寿研 」の百寿コンシェルジュについてご案内しています。

一般社団法人百寿コンシェルジュ協会 百寿研
  • シニアお役立ち情報
  • 無料小冊子請求
  • お問合せフォーム
  • 百寿コンシェルジュ協会

百寿コンシェルジュとは

百寿コンシェルジュは、医療や介護はもとより、シニアがエンディングを迎えるまでに出くわす可能性の高い多種多様な問題について、解決方法を習得しています。つまり、広く浅く、何についてもある程度は対応できるのが百寿コンシェルジュの強みなのです。その守備範囲は実に広く、これを利用しない手はありません。
それだけではありません。もし仮に、具体的な用件で医者や弁護士が必要になった場合には、百寿コンシェルジュが窓口となって然るべき専門家を紹介してくれますから安心です。そういったネットワークも百寿コンシェルジュの武器なのです。
さらに、シニア援助の専門技術に加え、シニアとのコミュニケーションも学んでいますから話しやすい。おまけに、資格認定に至るには百寿コンシェルジュの各講座を修了しなければならないので、薄っぺらいナンチャッテ資格みたいな人がいないのも安心です。百寿コンシェルジュという終活支援のプロは、老後の多種多様な問題に対処し得るだけの知識と技術と人脈を兼ね備えているということです。

百寿コンシェルジュの仕事

人生100年時代を生きるシニアにとって、日常的な困りごとや老い支度に係る相談窓口として、百寿コンシェルジュを確保することの意味は大きいのです。

百寿コンシェルジュの仕事

百寿コンシェルジュは、すでに要介護状態に陥ってしまった人たちではなく、アクティブシニアの段階から信頼関係を築き、エンディングを迎えるまでのさまざまな課題を具体的に解決して差し上げる…。それが百寿コンシェルジュの仕事なのです。
百寿コンシェルジュは、終活講座や個別面談を通じて、アクティブシニアと日常的に関係性を維持します。
百寿コンシェルジュは、いつでもなんでも気軽にシニアの相談に応じて差し上げます。
百寿コンシェルジュは、要介護認定の申請手続きをガイドもしくは代行して差し上げます。
百寿コンシェルジュは、問題行動を伴う認知症を患ってしまったシニアの受診や入院の段取りを行います。
百寿コンシェルジュは、退院後の療養場所として相応しい介護施設をさがして差し上げます。
百寿コンシェルジュは、がんをはじめとする重篤な病気について、セカンドオピニオンの段取りを行います。
百寿コンシェルジュは、病医院受診の際に同行・同席、医師の説明をともに聞いて差し上げます。
百寿コンシェルジュは、延命措置を拒むリビングウィルの手続きを代行して差し上げます。
百寿コンシェルジュは、認知症で資産を凍結されてしまう前に、財産承継の段取りをお手伝いします。
百寿コンシェルジュは、だれも住まなくなった不動産の転売をお手伝いさせていただきます。
百寿コンシェルジュは、医療や介護に係る費用低減の手続きをガイドもしくは代行して差し上げます。
百寿コンシェルジュは、ご予算に見合う葬儀社さがしについてガイドまたは代行して差し上げます。
百寿コンシェルジュは、円滑な死後事務についてガイドまたは代行して差し上げます。
百寿コンシェルジュは、元気なうちから、エンディングに係る基本方針をともにまとめるお手伝いをします。
百寿コンシェルジュは、元気なうちから、円滑なエンディングに向けて家族会議開催のお手伝いをします。
百寿コンシェルジュは、最後の最期まで自分らしい人生を主体的に過ごしていただけるよう、シニアの多種多様な問題解決をお手伝いします。
百寿コンシェルジュは、アクティブシニアがエンディングを迎えるまで継続して寄り添う安心老後のパートナーです。
トップページに戻る

PageTop